湘南国際マラソン2017、レース展望。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日に迫った湘南国際マラソン

今回のレースに向けた展望をまとめてみる。

当日の気象条件は?

ウェザーニューズによれば、当日の気象条件は晴。

9時の予報は,晴れ、気温は9度、西の風3m/s。

12時の予報は,晴れ、気温は14度、南の風4m/sの予報。

なかなかの好条件。

日差しが気になるところだが、仮に少し暑くても給水所で水をかぶったりして調整可能なレベルだろう。

レースプラン。

設定ペース

今回は、1週間前に風邪を引くと失敗をおかしてしまった。

体調は少しずつ戻ってきているが、どこまでリカバリーできるか。

本来、サブ3.5を目指したかった。

しかし、脚の不調などもあり、キロ5:10/km=3時間38分に下方修正。

さらにレース3日前のトライアルでそれも苦しいことが見えてきて。。。

今回は、暫定的にベースラインを3時間41分54秒(=5:13/kmペース、マージンとして42.5kmで計算)として設定しようと思う。

ただ、心拍数の動向は逐次チェックし30キロまでは、心拍数170を越えてきてしまうようならば、さらなる下方修正を実施する。

ラストスパート

どこで、スパートをかけるか(というかスパートは結果的にかけられないから、どこまで余力をイメージして走るか)。ここはもうフルマラソンの肝だ。

コースは基本フラットだが、25キロ28キロ33キロと終盤に上り坂がある。特に33キロからの西湘バイパスへと登る坂はダラダラと2キロほどつづき曲者だ。

カントがあり、思った以上に消耗することが昨年気づいた。

この上り坂は頑張りすぎず体力を残し、37キロ残り5キロ、ちょうどゴール地点を通り過ぎるポイントあたりで最後の力を振り絞るイメージで。

とにかく上り坂は頑張らない。特に西湘バイパスへの上り坂。ペースダウンも甘んじて受け止める。

多少のタイムロスは終盤必ず戻ってくる。

スポンサーリンク

フォローする