[2016/10/23] アクアラインマラソン。

アクアラインマラソン

ちばアクアラインマラソン(フル)を走って来た。

前日のレース展望では、

35キロまでは、サブフォーペース(5:40/km)のペース走。

そして、35キロ→ゴールまでのタイムトライアルというようなイメージで臨む。

なんて言っていたが、果たして、、、

スポンサーリンク

非日常x2

 

アクアラインと言えば、東京湾を海底トンネルと橋で15キロに渡ってバイパスする自動車専用道路。

海の上に橋がかかっているというだけで普通じゃない。

そんな普通じゃない橋を、車でなく自分の足で走るんだからさらに普通じゃない。興奮せざるをえない。

20161023_021554862_ios

天気にも恵まれた。

20161023_022718096_ios

ただ、橋を走るのは約10キロ程度。アクアラインを走りきった段階でまだ半分以上残っており、それはただの地方の道。正直モチベーションが切れかけた、、、

しかし、地元の人達の声援は意外と厚く、勇気づけられた。

また、時折、応援ゾーンのようなゾーンが現れて、沿道をたくさんの人が取り囲み、気持ちを上げてもらった。

20161023_025731362_ios

タフなレース

レースとしては、タフなレースだった。

まず、高低差。

aqualine_elevation

序盤のアクアラインの橋梁の高低差をはじめ、小刻みに訪れる坂。

そして極めつけは35キロ、38キロ、一番苦しいところで現れる巨大な坂。

 

そして、気温。

20度を越え、天気は晴れ。

荷物預けるまでは、曇っていたのでランキャップを装備せず、預けてしまったが、ちょっと失敗したと思った。

そんな中、給水所では毎回、水をかぶり、やり過ごした。

公式な給水所だけでも14箇所。給水所の多さには非常に助かった。

 

そんなタフな条件に「35キロ→ゴールまでのタイムトライアル」なんて余裕はまったくなかった。

サブフォーさえ諦めかけるくらいだった。

粘り

しかし、35キロまで余裕を残すペースで走ったことで、ペースを上げることはできないまでも、下がることもなく粘ることは出来た。

 Lap Time Pace
0-50:30:37 6:07
5-100:27:55 5:35
10-150:27:50 5:34
15-200:27:18 5:28
20-250:27:57 5:35
25-300:27:48 5:34
30-350:28:43 5:45
35-400:27:57 5:35
40-42.1950:12:11 5:33

40キロ付近の最後の小さな上り坂では、左足が攣りそうになるも、なんとかゴールまでごまかせた。

今回の粘りは、今シーズンの今後に向けて良い自信になった。

最近は、体幹をしっかりキープして走るために、腹筋を意識して走っているが、走りきった後は、腹筋がつりそうになるくらい疲れていて、その辺りいい走りも出来たと思う。

怪我の功名。初のネガティブスプリット

スタートゾーンの割り振り方には正直かなり疑問を感じた。

自分は、多分3時間44分くらいの持ちタイム申請して、結果Cブロックだった。

しかし、最初の5キロくらいは渋滞してまともに走れなかった。

最初の2~3キロはまあしようがないと思っていたが、きづくと、横に体が大きいような鈍足ランナーが前から大量に断続的に降ってきて、壁となる。

ゼッケンを見ると、皆、Bブロック。

地方の大規模マラソンでマナーの悪いランナーが多いのか、はたまた、同時スタートのハーフマラソンの関係なのか。

記録狙いでは今回なかったから良かったが、、、

 

ただ、ここでタイムの借金(体力の貯金)が膨れ上がったおかげで、ネガティブスプリット達成!!

Lap Time Pace
0-中間点2:00:36 5:41
中間点-ゴール1:58:14 5:37

 

この時期にこれだけ走れたことは大きな自信。

次につながるレースになった。

ハシリ詳細。

日時10/23(日)10:00天気気温19.4~21.6度北東の風強め
メニューちばアクアラインマラソン距離42.47km時間3:58:56ペース5:38/km心拍数165
(Max:183)
調子調子=好調

シューズadizero Japan boost 2
装備adidas adiSN リフレクトTシャツ(オレンジ)
(オークリー)OAKLEY Enhance Graphic Short Pant (Navy)
状態左ふくらはぎ~アキレス腱の違和感
体重69.7kg体脂肪率18.3%

コメント

タイトルとURLをコピーしました