湘南国際マラソン レース展望。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日に迫った湘南国際マラソン

今回のレースに向けた展望をまとめてみる。

当日の気象条件は?

ウェザーニューズによれば、当日の気象条件は晴のち曇。

9時の予報は,晴れ、気温は12度、西の風3m/s。

12時の予報は,晴れ、気温は16度、南の風5m/sの予報。

晴れて気温はこの時期にしては高め。

少し暑さ対策が必要かもしれない。

それでも神経質になるほどではなく、給水所で水をかぶったりすれば、やり過ごせるレベルだろう。

レースプラン。

設定ペース

今回は、2度の30キロトライアル(11月5日11月12日)を経て、ベースラインを5:15/kmペース、3時間43分(マージンとして42.5kmで計算)として設定する。

ここから調子が良ければ3時間40分を目指す。

あくまでベースラインは3時間43分。ここを肝に命じておかなければ序盤のオーバーペースを招きかねないので注意。

調子良く感じても、1kmラップは5分10秒より早くならないように。

ラストスパート

どこで、スパートをかけるか。毎度毎度、ここは迷いどころ。

コースは基本フラットだが、25キロ28キロ33キロと終盤に上り坂がある。特に33キロからの西湘バイパスへと登る坂はダラダラと2キロほどつづき曲者だ。

この上り坂は頑張りすぎず体力を残し、37キロ残り5キロ、ちょうどゴール地点を通り過ぎるポイントあたりで最後の力を振り絞る感じで行こうと思う。

2度の30キロトライアルでラストスパートの手応えをつかんだ。

なんとかいけるはず。いきたい。

スポンサーリンク

フォローする