棒でリリース。

板橋Cityマラソン(フル)まであと4日。

昨日の時点で、腰の状況は、当日走れるか走れないかの結構な瀬戸際の状況だった。

車の乗り降りのときなど、突如として痛みが走り動けなくなるほど、かなり深刻だった。

藁にもすがる思いで、一昨年買ったこいつで小一時間コロコロ。

背中、臀部など。

気持ちがいい。これでもかというほど、固まっていたみたい。

昨日までは朝、起きた時は特に体がバリバリで、腰も張っていたが、今朝はそうでもなかった。

そして、昼も腰の調子はそれほど悪くない。

少しだけ光明が見えてきたかも。

コメント

  1. 土方歳ミ より:

    はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。
    私もアラフォーランナーです。
    私は現在、腸脛靱帯炎(ランナー膝)で走る事ができません。同じくウォーキングの日々を送っております。私の場合今シーズンはレースがありませんので焦りはありませんが、周りが走っていると走りたくなります。が走るとまた痛みが再発し治りも遅くなりますのでぐっと堪えております。
    sanadaさんも今出来る最善を尽くし頑張ってください。無理をなさらぬよう。と何か矛盾しておりますが、影ながら応援しております。
    シューズ選び、トレーニング方法など参考にさせていただいております。
    これからもよろしくお願いします。
    次レース無理せず頑張ってください。
    追伸、出走辞退も勇気ある決断だと思います。

    • sanadas より:

      土方歳ミさん、コメントありがとうございます。

      故障ははがゆいですよね。

      でも、なにかしら改善するチャンスとして考えてます。

      今回で言うと、体のケアが足りなすぎました。

      体全体バリバリでしたので。

      今週末は、「勇気ある決断」も選択肢に残しつつ、体と対話しつつ、やってみたいと思います。