[2016/02/28] 東京マラソンは4時間のアミューズメントだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

念願の東京マラソンを走って来た。

それは、4時間途切れることのないアミューズメントのようだった。

新宿のビル群の谷間からスタート、

24729936274_523218c1a7_k

顔上には電車やら新幹線が走り、

25242302302_cca42139dd_k

東京タワーがいきなり現れたり、

24734027393_074b154482_k

世界トップレベルのランナーが異次元のスピードで通り過ぎたり、

25267597221_3c6d8b8f0f_k

銀座のど真ん中を走り抜けたり、

25242551672_b5fcacbed1_k

雷門の脇を通り抜けたと思ったら、

24730284984_52463e1df3_k

スカイツリーがドーン

24993275299_e1f9ef38d4_k

35キロ過ぎからは、佃大橋など激坂が待ち受けてたり、

25242653912_7dca850b5d_k

なにより沿道の応援が途切れることなく、時折、イベント的な応援もあったりして、

あっという間のゴール!!

25361008715_8042905531_k

今回は、走り的には、疲労抜きなど何の調整もなく、サブフォーペースで走り切るのがターゲットだった。

そんなわけで、4時間のペースランナーが近くを終始走っていたが、

37,000人参加するだけあり、ペースランナーに群がる人の数も半端無かった。

群れて走るのが苦手なので、中盤はずっとその群れから逃げながら、走っている感じで、ペースをかき乱された(笑)

ペースランナーは、だいぶポジティブスプリットで走っているようで、こっちはイーブンペースで走っていたのに、終盤は完全に逃げ切ったようだった。

あと、この5:35~5:40/kmペースはいつもと比べたら10秒近く遅いペースなので、楽に走れるのではないかと思ったが、そこはやはりフルマラソン。

しっかりと、脚に来たりした。

30キロ手前でふくらはぎがつる手前の怪しい感じになったり、太もも前側にハリが来たり。

東京マラソンは、他の大会とは一線を画したアミューズメント的な大会だった。

盛り上がりすぎて次の板橋での反動が心配(笑)

板橋では純粋に記録を狙っていこうと思う。

ハシリ詳細。

日時 2/28(日)9:10 天気 気温 9.3度~14.5度 なし
メニュー 東京マラソン 距離 42.195km 時間 3:55:03 ペース 5:34/km 心拍数 162
調子 調子=好調

シューズ adizero Japan boost 2
装備 PUMA IGNITE ショートスリーブ Tシャツ クロワゾネ/サルファー スプリング,
new balance 9インチハーフパンツ,
UAネックウォーマー,
UAキャップ(Orange),
BROOKS手袋,
ポンチョ
状態 良好
体重 71.2kg

スポンサーリンク

フォローする